早稲田大学 情報理工学科

学生インタビュー高橋知大さん(高畑研究室 修士課程2年)

学生インタビュー<span>高橋知大さん(高畑研究室 修士課程2年)</span>
この学科を選んだ理由は?
高校三年の頃、受験校の学科を選ぶ基準として、やはり自分が今の時点で一番興味のあることと関係のある講義をしている学科にしようと思い、まず、日々の生活の中で自分が一番興味のあること、または、好きなものってなんだろう?って考えた時に、昔からず~っと好きだったテレビが思い付いついたんです。そして、テレビに焦点を絞り、さらにテレビについて疑問に思うこと等を考えてみたところ、どうやって映像はブラウン管に映し出されているのだろうか、実際に映し出される映像はどこからどのようにして自分の家まで届いているのだろうか、というような疑問が次々と湧き出てきた。以上のような疑問は、講義要項中においては、「画像処理」、「無線通信」というようなキーワードで扱われており、そのキーワードにぴたりと合致した学科こそが、通信学科だったわけです。そんなわけで、数ある理工学部の学科の中でこの通信学科を選びました。
新入生にメッセージをどうぞ!
講義を通して、より興味をもった「無線通信」を専門とする研究室に現在所属していますが、卒業後の進路は、この学科を選ぶきっかけとなった「テレビ」、その番組の発信元である放送局の技術職に決まりました。自分の経験を通して、一つ言うならば、今、君らがぼんやりと思い浮かべている将来の夢や希望、それらを現実のものとする大きなきっかけを与えてくれる学科、それが、このコンピュータ・ネットワーク工学科だと思います。あとは自分のやる気次第で、夢は必ず現実となる!!